« 私が仕事をすると、なぜか男の嫉妬を買った | トップページ

2017年7月30日 (日)

蓮、いまだ泥の中

朝、目が覚めて慌てた。
いけない、福岡に行く支度をしなければならない。
いろいろ段取りが山積みなのに、寝坊してしまったか。。。とそこまで考えながら、周囲を見て、現実を思い出した。

ああ、あれは夢だったのか。
大好きだった彼は、もういないどころか、会えなくなって20年近くが経つのか。

あまりにもリアルで、その世界で本当に生きているような夢だったので、すっかり現実と思い込んでしまった自分を蔑む気持ちがわいてくる。
と同時に文字通り滂沱の涙が溢れた。

なにに対して泣いているのか自分でも判らない。
しかし、自分の中の女の子の部分が、無意識という夢の中と、まだ本格的に脳が起きていない今の時間を使って、大暴れしていることだけは理解できた。
ごめんね、そんなに辛かったんだね。
話もきこうとせず、ただただ押し殺して、まるで無かったもののように扱ってきてごめんね。
そんな気持ちで、流れる涙をそのままにしていたら、本当の子どものように泣きじゃくっていた。

寝起きで、ゴーゴー泣いてる私っていったい・・・・

脳が目覚め、理性が起き出してくると、そんな自分が阿呆のように思えるが、それはそれで可愛いもんだと思った。

本当にこの20年間、私は底なし沼の中で全力で立ち泳ぎしているような日々を送っていた。

同じくらいの女性たちが、やれメイクだファッションだと、いかに男にモテようかと考えてる時代も。
同じくらいの仲間が旅行だ、コンサートだと週末や夏休みをどう楽しもうか考えているときも。

そして、ある程度の年齢になると結婚だ、出産だ、子どもの教育がどうした、と悩んでいる時代も。

私にあるのは、朝から晩までただただ働いて、仕事を評価し、認めてもらって安定した生活ができる収入を得るか。そして安定した収入が入るようになったら、節約して借金を返済し、心の平安を得られるのか、だけだった。

働いていれば同僚から遊びに誘われることもあった。
しかし、遊びに使うお金は私にはなかった。
東京でひとりで暮らしていたときでも、家賃や水道光熱費、ネット・携帯料金などのインフラを支払い、月々最低限にしてもらっている借金を返済すると、私の手元に残るのは多いときで6万。ひどいときは、4万だった。
その4万は次の給料までの食費と、職場への交通費も、化粧品代も含まれる。
派遣で働いていると、交通費は時給に含まれているからだ。
定期の方が安くなるのは解っていても、定期なんて買えない。
3ヶ月ごとの更新で次の更新があるかどうかもわからないし、何より食費がおぼつかないのに交通費にまとまったお金を使いたくない。
私にとっては、タバコもコーヒーも、たまに欲しくなる200円くらいのお菓子ですら、上等なものだった。

めちゃくちゃ残業して正社員の上司たちの会議まで呼ばれ、なぜか正社員の部下を持ち指導を行う派遣社員の私が、ちょっとした集まりや飲み会代までしぶるので、実家暮らしで働いた分だけお小遣いとして使えるような女子からは不評だった。
「そんなに貯めてどうするの?」「そんなに仕事ばっかりして楽しいですか?」
貯めてるんじゃない。マイナスがあるので埋めたら日々の余裕が無いんだ!
と彼女らに怒りをぶつけたところで、この究極の質問が来るだけだ。

「どうして、そんなにお金がないんですか」

この究極の疑問を、なんど反芻したことだろう。
逆に、私の人生でお金に余裕があったときがあったのだろうか。

私の父と母は地元から離れた都市で家庭を築いたので、実家や親戚たちからの援助は無かった。二人とも中学卒業で当たり前の年代だったし、父親は早くから職人の修行に入っていたので、収入はそれなりにあったと思う。

しかし、父親はいつも私たちに「金がない」「金を使うな」と口うるさく言い続けた。
給食費、修学旅行の積み立てなど義務教育とはいえ、親からもらってこいと言われる集金袋を父親に渡すと、お金を入れて渡してくれるまでに何十分も文句を言われた。

何度も何度もそんなことが続くので、集金袋を預けられたとき先生に「父親が積立金を『修学旅行なんて行ってもクソにもならん』と言ってお金を出したがらないから、この袋を渡すのが嫌だ」と言いつけたら、先生が夜に電話を掛けてくれた。
「なんでワシが電話にでにゃならんのや!(出ないといけないのか)お前でとけ」と母に振ろうとしたが、私が「お父さんと話したいって」と無理やり受話器を押し付けた。
すると「へぇ、へぇ、いつもお世話になってます」と平身低頭。
私たちに対する傍若無人な態度はどこへやらで、米突きバッタのように頭をさげた。
「はぁ、解ってます。そうですね、大事なものですね。解ってますのや、あいつが何を言うたか知らんけど、先生にまでお手を煩わせてすいません」
まるで自分は気持ちよく積立金を渡しているのに、私がウソをついて父を悪者にしたかのような言い草だ。
電話が終わったら、ご想像の通り「何を言うたんや」とキレまくり、怒鳴りまくり、部屋に逃げ帰った私の部屋のふすまを、蹴破られてしまった。
それでも私は「ざまあみろ」と溜飲を下げる想いだった。(つづく)

« 私が仕事をすると、なぜか男の嫉妬を買った | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私が仕事をすると、なぜか男の嫉妬を買った | トップページ